Make your own free website on Tripod.com



「グラディエーター」あらすじ


A.D.180年。ローマ皇帝マルクス・アウレリウスは、ゲルマニアに遠征中。その軍隊を率いるのは、将軍マキシマス。戦いに勝ったマキシマスは、マルクス・アウレリウスから後継者に指名される。

しかし、マルクス・アウレリウスの野心家の息子コモドゥスは、父を殺して帝位についてしまう。マキシマスはコモドゥスの追っ手を逃れるが、妻子を殺され、自らは奴隷に身分を落とす。

剣闘士養成家のプロキシモに買われ、マキシマスは剣闘士(グラディエーター)としてローマに行き、コモドゥスと再会する。民衆の人気を得たマキシマスは、復讐のため、コモドゥスの姉ルシラ、そして元老院議員グラックスと共謀し、コモドゥス暗殺を計画する。
はたして結果は......?